日本は桜が満開の頃をすぎ、足元にピンク色の絨緞が敷かれ、
歩くのが気持ちのよい4月の半ばのとき。
ドイツのロマンチック街道を2週間ほど、ひとり旅してきました。

ロマンチック街道は北のヴュルツブルクから南のフュッセンまで、
約400キロ離れた街道をロマンチック街道バスに乗り、
8つの小さな町を訪れました。

いやあ、寒かった。
さすがに緯度の高いドイツは、南部のロマンチック街道とはいえ
日本でいう北海道ほどの緯度なので、それはそれは、寒い。

でも、そんな寒さなんてへっちゃらだぜ!
って思えるのは、目の前に現れる、一つひとつの美しい世界があったから。

道が綺麗だとか、ゴミが落ちていないとか、町の人がオシャレな服を着ているとか、
豪華な建築の街並だからとか、そんなんじゃあない。

美しい世界ってなんだろう?

15世紀頃から町の人が守ってきたこんな街並を歩きながら、考えるわけです。


ヴュルツブルク

P9220879


P9220989


→ローテンブルク

P9230250


P9230685



→ディンケルスビュール

P9240761


P9240796


→ネルトリンゲン

P9250349



P9240916


→ドナウヴェルト

P9250474



→アウクスブルク

P9250801


P9260030


→ランツベルク

P9260363



→フュッセン

P9260865


どの町も1時間ほどで歩き回れるくらいの旧市街があります。
ドナウ川やレヒ川といった川やアルペン山脈などの
大自然に溶け込むように作られた中世の街並は、歩きながら 、
いつの間にか現代から過去にタイムスリップしたような
感覚におそわれて、まさに時空を彷徨う冒険の旅をしている気分になります。

とくにフュッセンのノイシュヴァンシュタイン城は、
「ああ、メルヘンはシンデレラ城ね!」
という思い込みのイメージを気持ちよく裏切ってくれて、
なんて切ないお城なのかしら……と、妙にウルウルしていたのは
ワタシだけだったかもしれません。

雪のノイシュヴァンシュタイン城はとても幻想的です。

P9270206



ところで、ドイツの街にかかわらず、町歩きのなかで出会うのは
人だけではありません。
私にとって、旅先の食べ物や建築を観て歩くのと同じくらい
旅する理由とも言えるネコがいます。

ネコがいる町は、人が優しい。
ネコがいる町は、町が小さい。
ネコがいる町は、出会いがいっぱい。

P9230643

そんなだから、旅に出ればネコに出会うというよりは、いつの間にか、
ネコに出会いたくて旅をするようになりました。

さて、ドイツのロマンチック街道「ネコ」の旅は、
めでたく? 嬉しいことに、どの町でもそこで暮らすネコたちに出会うことができました。

P9250958



そのネコ旅行記は、フォートラベル×ドイツ観光局の企画した
Webサイトで公開しております。
こちらです。

もちろん、各町の魅力もたくさん綴ったつもりです!

P9240869


ぜひ、読んでくださったら嬉しいです。


P9240966