ハイチ3日目、フジコさんに朝またお迎えにきてもらいました。
車が直ったとのことで、フジコさんと一緒に暮らす日本人女性Yさんの旦那さんが
もっともカオスだというダウンタウンに連れていってくれました。

といっても、絶対に降りてはダメ!

そう言われて来たけれど、絶対に降りたくない!


P1740041


カオスもいいところ。
カメラを向けて、気付いたハイチ人に本気で目が血走って
「何撮ってんだよ!」って顔されるので
最低限の隠し撮りしかできない状況でした。


 P1740055


フジコさん曰く
「実はハイチの人って、オシャレに気をつかうんですよ。
だから、綺麗な格好していないと写真に写りたがらないんですね」

なるほど。
どんな格好でも、お腹だしてるおじさんでも写真撮られるのが
全然大丈夫なキューバとは国民性がだいぶ違うようです。

でも、逆を言えば、そういった強い意志があるからこその
黒人奴隷たちが自由を勝ち取った国家なのだろう。

P1740062



ダウンタウンでは、警官もたくさんいたし、大きなポリスと書かれた
トラックが何台も道を行き交っていました。
ちょうどそのとき、フジコさんの携帯に日本大使館のHさんから電話。
「どうも、これからデモが起こるみたいだから気をつけてと」

というわけなので、すぐに戻り、途中でランチBOXをゲット。
よくわからず頼んだら、二人分の量になってしまった。

P1740073


その後、フジコさんのご近所さんを訪れました。
まだ大地震の後が残り、台風で地面が割れている。
なす術もない民家は、6畳もないような一間の床に布切れを敷いて、
足の悪くしたおばあさんが座っていました。


P1740129


それから別のご近所さんへ。
猫が見たいというと、連れてきてくれたのですが、衝撃でした。
衝撃ですよ!!!

猫が、紐でつながれ、理由を聞くと

「食べられるから」

「盗まれるから」

つまり、盗んで食べてしまう人たちがいるそうです。


P1740082


痩せているけれど、顔は綺麗でした。
お願い、ぜっったいに、食べられないで!
子猫に言い聞かせたけれど、大丈夫だろうかと、未だに心配です。


P1740076



翌朝、ハイチからバスで戻りました。
ちなみにドミニカ→ハイチは8時間、ハイチ→ドミニカは10時間かかりました。
ハイチ側から行くとき、国境でかなり待たされます。

ざっと駆け足でハイチのことを書きましたが、
今新しい本の原稿を書いていまして、フジコさんといろいろお話した
エピソードなんかも書いております…

みなさんとの写真。
みなさん、どうもありがとうございました!

P1740134