初めて動画をつくりました。私らしい旅動画でもあると思います。
内容は、何度もこのブログで記事にしている島プロジェクトのこと。

ーーー世界中を旅した後に、瀬戸内海の讃岐広島に降り立ち、
島の人たちにあたたかく迎え入れてもらい、一方で島の現状を知りました。
その後、一緒に空き家を宿にする島プロジェクトを立ち上げ、
ゲストハウスひるねこができました。
人生に起こる小さな奇跡のカケラを拾った物語です。





始まりは2014年の5月に、導かれるようにして辿り着いた讃岐広島。
瀬戸内海の島をめぐる旅をするなかで、そこは行く予定のない島でした。

それが、ひょんなことで讃岐広島の茂浦(もうら)という集落を訪れ
そこで暮らすご年配の島の皆さんとお話をする機会がありました。
といっても、美味しい島のもずくや八朔をいただきながら、

「この島は過疎化と高齢化で、もう10年で無人島になってしまう」
「なんとか人が来島してくれないと、本土と島をつなぐ船も減らされてしまう」
「でも、この島には宿も、食事どころも、商店もないんや」

という話を聞き、なんだかいてもたってもいられなくなって
翌月に「空家を再生して、宿をつくりましょう」という話をしに行ったのが
もう1年半前になります。

それから毎月通い、島に東京から何度も友人を呼んでは一緒に
古民家を掃除したり、修復したり、家具を揃えていきました。
もちろん、なによりこの島プロジェクトが前に進んでいったのは、
島の皆さんの夢に向かう前向きな姿勢と、実際に手足を動かし
進めていったからにほかなりません。

夢は何歳になっても持てる。
年齢を超えて仲間になれる。
大人になってからでも、故郷って呼びたい場所ってできるんだ。

と思ったこの日々です。
これからです。いよいよです。
30年ぶりに息吹を吹き込まれた、もう朽ちてゆくはずだった古民家。
いつだって、来る人を喜んで迎えてくれる気がします。
そして島の素敵な皆さんや可愛らしい猫たちに会ってほしいです。

島プロジェクトについては、過去記事をご覧いただければ嬉しいです。