奄美大島の古仁屋港から船で約2時間半〜3時間、
徳之島へ行くことができます。

徳之島は「情熱の島」と呼ばれているのだけど
その理由を聞くと、「闘牛をする」ため、あちこちに闘牛場もあるし、
「人が情熱的」で、男女は大恋愛をする人が多いと(島)噂で聞いたし、
それから「ありがとう」という言葉も「おぼだられん」と言って、
どこか「おぶりがーど」的なポルトガル語的ラテンの発音だし、
徳之島の人の顔はとても目鼻立ちがハッキリとしていて、
異国の顔をしている……ゆえ。

離島というのは、改めて島独自の世界観を持っていて
どこも同じではないということに気付かされる。

そんな徳之島はレンタカーを手配して、一周するのに約2〜3時間。
奄美大島につぐ大きさらしい。

ところが、その日はよりによって、50年に一度という豪雨。
残念ではあるものの、雨のなかの島というのはまた、幻想的。
ソテツのトンネルは雨のほうが一見の価値があるかもしれないし、
雨上がりの太陽を待ちわびる広い空も海も好き。


DSC_0339




DSC_0335


DSC_0327


DSC_0325



DSC_0390


DSC_0386



DSC_0382



DSC_0429



DSC_0392


DSC_0374



DSC_0406



DSC_0437



DSC_0436



(Tokuno shima ,Japan)