60年前から時が止まっているというキューバ。
クラシカルな街に走る車は、やっぱり60年前のものがほとんど。
それはそれは、異国にはない旅情にひたれる。

旅も長くつづければ、ある程度ヨーロッパやアジアは
似かよっているところも多いなと気づき、
だんだんと旅情というよりは、そんなものだよね、と
思うようになってしまう。

それが、キューバというのは、「わわ、こんな街があったのか!」
というくらい異国とは違う雰囲気に満ちていた。

社会主義でラテンで常夏って組み合わせも、異質。
その街を構成するさまざまな要素はあるにせよ
「クラシック」というのがひとつのキーポイントな気がする。

その代表が、クラシックカー。
ごらんあれ。

DSC_0761



DSC_0760



DSC_0877



DSC_0614



DSC_0324



DSC_0295



DSC_0328


DSC_0893



DSC_0215



DSC_0925



DSC_0929


車好きにはたまらない街ではないかと思う。
私が感動したのは、こういったクラシックカーが
いまなおメジャーで走っていて、あちこちで修理している光景にでくわし、
大切に、大切に使っている。
みんな、直し方を知っているというのもすごい。

そもそも、キューバは1961年にアメリカと国交断絶となり、
キューバは工業製品も輸入できず、自国で車をつくることができなかった。
だから、革命以前に暮らしていたアメリカ人の残したアメ車を
修理、改良してずっと使っている。

ガタガタ言わせながらも、ペンキで何度も塗りかえても、
車内の天井が段ボールでも、排ガスがたくさんでても、
なんでか美しくみえる。

当たり前に歳をとり、老いても、なお現役で輝き続けることの美しさ。
そして人と車はこれほど一緒にいられるのだと知った。

車も人の一生も変わらないなあ。
クラシックカーに激励される旅女でありました。


(Cuba,Trinidad)