台北の夕暮れ、雨上がりの後に、ふらっと1人で
街を歩いてみた。
太陽が沈み、私がもっとも好きなライトブルーの空は、
藍色になり、濃紺になっていく。
そうして、ネオンに輝きはじめると、街は濡れた地面に
反射して、いっそう幻想的な雰囲気になった。

ふらふらと、彷徨うような浮遊感に陥る。

カータンとのふたり旅からひとり旅になる感覚の過程に、
ああ、いつも私はこういう旅をしているのかと
改めて思い知った気がする。

DSC_0743_02



DSC_0747_02


DSC_0748_02



DSC_0741_02




DSC_0752_02


DSC_0762_02



DSC_0769_02



DSC_0761_02


(台湾、台北)