地球に恋する nozomi kobayashi.com

旅のない人生なんて考えられない。新卒から7年勤めた出版社を辞めて世界一人旅にでた旅女です。一眼レフを片手に世界の人や猫、建築を追いかけ続けています。最近のブームは島旅。日本の離島か東京か海外という3重生活中。生業は執筆業で旅作家。旅の楽しさを写真と文章で伝えたい!

2015年03月

友達と子供達を連れての古民家大掃除。茂浦(もうら)のみなさんも一緒になって、やんやこら。この古民家のある場所は、日当りがよく夏は暑いかもしれないけれどぽかぽかの陽気には、ついついお昼寝したくなってしまうほど。さて、お庭では、島の方が竹で何か始めました。子 ...

2014年7月に香川県の離島、(讃岐)広島に私の中学高校の同級生とその家族を連れて、一緒に古民家再生のために数日滞在しました。同級生は、ユキちゃんとラジ(旦那さんはフィジー人) 夫妻。それと、バンコク在住のクリナと子供3人。すでに私と島旅作家の斉藤潤さん ...

3月23日、初の福岡に、アフリカンナイトのイベントで 旅とチュニジアのお話をさせていただきました。第一部「チュニジア料理ブリック(揚げ物)教室」第二部「アフリカ滞在経験者×恋する旅女の旅トーク 」そもそものきっかけは、大学の同級生で、1年生の時にたまたま隣 ...

初めてチュニジアを訪れたのは、まだ「アラブの春」がはじまる2010年11月。フレンチアラビアンとよばれながら、ギリシャの島かと思うほど真っ白と青の入り交じる美しい家並みは異国情緒にあふれ街中ではアザーンが響きひびき、モスクへ出向くムスリムがいて、人はフラ ...

台湾、キューバ、メキシコとまだまだ書きたいことはたーくさんあるのですが、引き続きゆっくり書くことにしまして、ここしばらくは、タイの首都バンコクにいました。寒い日本を脱出し、常夏のタイは驚くほど暑く、タイもいよいよ涼しい時期(一応ある)が終わって、真夏にな ...

芸術家の集う町らしく、町そのものがアートの世界! 主に扉にワクワク。キューバとはまた違うポップで陽気な感じ。(mexico, san miguel de allende)  ...

メキシコ壁画運動の中心人物であったシケイロスの壁画を見たら、宇宙みたいだった。メキシコって、なんか不思議な空間が多い。発想、創造も独特。(Mexico,  san miguel de allende)  ...

キューバの後に訪れたメキシコ。メキシコシティからバスで5時間ほど、カラフルな街並みが美しいグアナファトに着いた。色彩の街。旅の苦労(といっても好きでやっているのだけど)と楽しみは、宿探しというのがある。予約を入れずに宿を探す日もあれば前日にネットで予約を ...

↑このページのトップヘ