地球に恋する nozomi kobayashi.com

旅のない人生なんて考えられない。新卒から7年勤めた出版社を辞めて世界一人旅にでた旅女です。一眼レフを片手に世界の人や猫、建築を追いかけ続けています。最近のブームは島旅。日本の離島か東京か海外という3重生活中。生業は執筆業で旅作家。旅の楽しさを写真と文章で伝えたい!

古民家ひるねこは、海から戻った子供達がみんな一緒にお風呂にはいり賑やか。その間に一人でふと外にでてみた。そうしたらあまりに空が美しくて、その空を追いかけた。どこまで行っても空は美しい。空を追いかける足は止まらず、海まで出てしまった。空は刻一刻と色を変えて ...

真鍋島の三虎という宿に泊まり、朝藤原さんが迎えにきてくれるまで子供達は海でカニや貝を探して大忙し。 その後、無人島の広島県は宇治島を目指して出航!近づくと、遠方、島の浜辺で我々を出迎えてくれる鹿たちが!この無人島はかつて有人島だったらしい。いまは野生の鹿 ...

2日目のレポ。朝7時には起き始める子供達にあわせて大人は朝食を作り、外で食べる。そして藤原さんの迎えがあって、広島県の走島へ!その途中、たまたま取材で瀬戸内海にいた斉藤潤さんを白石島でピックアップして皆でゴー!あまりお天気がぱっとせずだけれど本日は海鮮バー ...

私の中学からの友達くりなの家族(3男児)と私の兄家族(2男児。兄は不在)を連れて愛しの瀬戸内海の島々をめぐる旅をしてきました。どちらの家族も、島プロジェクトを始めた1年前の夏に古民家のフル掃除を手伝ってくれました。子供達も畳を掃いて、雑巾がけをして、看板 ...

四国は香川の離島、讃岐広島の茂浦という集落で、島の皆さんと一緒になって古民家に息吹を与え(再生というよりはしっくりくる)30年ぶりに人が使えるようになった。そうして、「ひるねこ」という名前をもった宿になり、オープンしました!島プロジェクトを始めた当初は、 ...

↑このページのトップヘ