地球に恋する nozomi kobayashi.com

旅のない人生なんて考えられない。新卒から7年勤めた出版社を辞めて世界一人旅にでた旅女です。一眼レフを片手に世界の人や猫、建築を追いかけ続けています。最近のブームは島旅。日本の離島か東京か海外という3重生活中。生業は執筆業で旅作家。旅の楽しさを写真と文章で伝えたい!

世界を分つものは、色彩でもある。極めて少ない色彩の世界にいるとそのことがよく分かってくる。チュニジア、サハラ、ティンバイン ...

2010年、砂の世界へ。チュニジア、サハラ、クサールギレン  ...

生まれる場所には宇宙の計らいがあるとしても、生きる場所にはもうすこし、自分の意志が許される。それでも抗えないたくさんの運命によって生きる場所さえ定まらぬ人たちもいるだろう。はるか先人の憧憬は、トトラという草に夢を託した。トトラという一本の草でさえ、こうし ...

その世界のなかを旅するだけで、どきどきする気持ちがとまらない。まるで恋するみたいだ。イタリア、チンクエテッレ、ヴェルナッツァ ...

ぼくらは、いつも自由気ままに生きてるってそう思われているけれど、たしかにそうだ。でも、自由とはいつも悩むことなんだ。もちろんきっと、キミにとってはとても小さな悩みだと思うだろうけどね。「西か東か、どちらでご飯が見つかるだろう?」「あの黒猫の姫はぼくを好き ...

↑このページのトップヘ